スポンサーリンク

沖縄 移住する地域のメリット デメリット2(糸満・南風原)

f:id:monsto4322:20180822001331j:plain

前回に引き続き、市町村別のメリット・デメリットをまとめていきます。

南部から徐々に北上していきます。

 

 

糸満(いとまん)市・・沖縄本島最南端。濃い青が広がる海とさとうきび畑が印象的。

 

糸満市で住む際のメリット

那覇まで車で約30分という距離の割に静か。本当に静か。

・本島で一番大きいさとうきび畑!広大に広がる緑は癒し以外なにでもない。

・有名なサーフ・ダイビングスポットがある。ダイビングに関しては冬でも入れる

・家賃が比較的安い(一人暮らしなら4万あれば快適)

 

糸満市住む際のデメリット

・こちらも那覇までの距離は近いものの朝の渋滞がストレスになる。

・デメリットというか霊感ある人は少し注意

→自分も経験しましたが多いです(´;ω;`)糸満は本島の中でも沖縄戦の激戦地

未だ多数の死体がさとうきび畑の奥底に眠ってるとされてます。

・降雨量が本当の中で一番多い(台風の暴風域の影響も受けやすい)

 

南風原町はえばるちょう)・・那覇に隣接した中都市。市町村に囲まれている海がない!

 

南風原町で住む際のメリット

衣食住に困らないニトリすき家もマックもドラッグストアもなんでもある。

那覇に行かなくても不自由はしない

・南へ下れば与那原・南城、北西へ進めば那覇、北へ進めばうるまと各市町村の

アクセスが楽。

 

 

南風原町で住む際のデメリット

沖縄感がない海がない!本州にあるショップがたくさんあり、逆に沖縄限定のショップや観光地があまりない。

・兎にも角にも渋滞!!各市町村に囲まれてアクセスが楽なのはいいのだが、

南城~南風原間で使う主要道路が一本なのでやや致命的な渋滞を引き起こす。

 

 

どんな地域も一長一短ですけど、

個人的に南風原と与那原はあまりおすすめはしないですかね。。

発展しすぎです・・

それなら本州でよくない?ってなると思います。

 

今回は以上になります。

ページも見やすく更新していきますのでよろしゅ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント